<< 本のしごと・トーク | main | ワークショップとzine's mateのお知らせ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | |
製本教室のお知らせとパピエラボの本

 ワールドカップが始まりました。テレビで流れる過去の映像を観ていると4年前の思い出が蘇ります。2006年の6月、まさにワールドカップの真っ最中にわたしは初めてブックフェアに参加するためにソウルに滞在していました。ホームスティをさせてくれた家族や、フェアで手伝いをしてくれた学生たち、それからお客さんとして作品をみてくれた方々、いまでもとてもよい思い出です。外国からの参加者で日本からはわたしひとり、他にはヨーロッパからの参加者が5名ほどでそれぞれのアーティストの学生のアルバイトの通訳がつきます。わたしにはチンジュという大学生の女の子が通訳してくれました。日本語を勉強中のチンジュとの話はたのしくて毎日日本と韓国のアイドルのこと(これがほとんど)、学校のこと、気になるひとのこと、まるで女子高生に戻ったように話が弾みます。斜め向かいの大きなブースには壁に絵が飾られお店番の学生風の男の子が座っていました。平日は客足もまばらで、黒ぶちメガネのメガネ君(勝手につけた)は、ブースに座って本の整理をしたり、ときたま来るお客さんと話したりするけれどなんだかそわそわ時間を持て余しているようです。わたしたちはふたりで番をしているのでお昼は買いに出たり、主催者からいただいた差し入れを一緒に食べたりしていたのですが、メガネ君はずっとひとりぼっち、席を離れる様子がありません。三日目になってそういえばあの場を離れるのを一度も見ていない、ということはトイレにも?とちょっぴり心配になって思い切って声を掛けることにしました。聞けば彼はソウルでも超有名な大学の学生さん、教授に頼まれてブース番をしているのだとか、でもひとりぼっちなので朝からトイレはもちろん水を飲むだけで8時間もの間ずーっと座っているだけだそう。はにかみやさんでとっても素直な彼は、もうすぐ兵役に行くから少しの間大学はお休みするとのことでその前にお世話になっている先生のお手伝いをするとてもまじめな学生です。チンジュや他の通訳の学生も皆そうだけれど、みんなものすごく率直で将来の夢を目をキラキラさせながらわたしに話してくれ、韓国の若者の素直でまっすぐなこころにフェアでの参加ももちろん有意義なことでしたが自分よりも年下の彼らが4年経ったいま、あのときの夢に近づいているのかなと懐かしく思うのでした。そしたら韓国チームがすごい試合をしてうれしくてみんなの顔が浮かぶのでした。


 さてさて、千駄ヶ谷にある紙と活版印刷のお店、PAPIER LABO.の初めての本『紙と活版印刷とデザインのこと』が発売され、作品を少し載せてもらっています。普段お店に置いているものではなく、プライベートでつくった作品などを撮ってもらいました。左に映る本はまさにソウルのフェアで撮った写真をアルバムにしたもの。ブースに並べたノートの写真が貼ったページが載っています。もうすぐお店も3周年、これからの彼らの活動もたのしみにしつつ、わたしもまたあたらしい作品を見せられるようにがんばろうと背中がしゃんとなるのでした。


 教室からのお知らせです。7月の土曜、月曜クラスにまだ空きがあります。きのうは母校の大学でのワークショップで大学生に教えてきました。今週末はIIDでのワークショップ、6/26(土)には国立本店でお話しをさせていただきます。またあらたな出会いをたのしみに。どうぞよろしくお願いします。



-

●講師
都筑晶絵

●授業内容 35,000円 (全5回)
1. 折りでのCDケースづくり
2. 蛇腹の折りでの本づくり
3. パンフレットバインディング (冊子の製本)
4. 少し難しい糊を用いない糸綴じの製本
5. 上記のテクニックからひとつを選んで,
 フリーに各自の冊子づくり

以上,すべてワークショップ(作業中心)

●申し込み手順
0. メールで願書請求を行います.
 住所+氏名をお知らせください.
 まもなく郵便で願書が届きます.
1. 願書をご記入の上,返送してください.
 先着順に決定.確認のメールが届きます.
2. 指定通り授業料をお振込みください.
 入金確認のメールが届きます.
3. メールの案内に従って,
 白金の教室に授業日にいらしてください.


★=受講資格は問いません.

★=TS_gでは個人情報完全保護のため,コンピューター上で一切のデータのやりとりや書き込みをいたしません.使用するのは必要最小限のメールのみです.ご了承ください.

昼間部=毎週土曜日14:00-17:30
夜間部=毎週月曜日18:00-21:30
 3時間の立ち仕事となります.
 30分の休憩でお茶をしたり,製本のお話など気軽にできます.


●授業日程(土曜昼クラス)


講座C
1. 授業(7/3)
2. 授業(7/10)
3. 授業(7/17)
4. 授業(7/24)
5. 授業(7/31)


●授業日程(月曜夜クラス)


講座K
1. 授業(7/5)
2. 授業(7/12)
3. 授業(7/19)
4. 授業(7/26)
5. 授業(8/2)


願書請求/お問い合わせ
darkroom@htypo.net


--




box_italia



9月の展覧会のために本をつくっています。
2年以上かけて制作してきたものを
発表する展覧会となる予定です。
久しぶりな作品もあって、自分がつくった
ものなのに客観的にみてしまいました。
前に進まなきゃと思うのでした。



六月十七日 木曜日(スイスが勝ってきゃーってなる)


| lesson | - | 03:36 |
スポンサーサイト

| - | - | 03:36 |

postal di a

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
profile
categorie